免疫力に深くかかわる「自律神経」

免疫力とは、「ウィルスや異物等、外からの侵入者に対し、体を守る防衛システム」のことです。免疫力の話をする上で、主役となるのが、白血球です。この、白血球が、常に私たちの体を守ってくれているのです。
そして、白血球の状態に変化を与えているのが、体の生命維持のために働く、自律神経と呼ばれる神経です。

脳

侵入者を退治する「白血球」の役割

白血球の60%を占める顆粒球と、35%を占めるリンパ球は、免疫に深くかかわっています。顆粒球は、外からの侵入者のところへ駆けつけ、すぐに処理をしてくれます。リンパ球は、動かずに常に侵入者を待ち構えています。

抗原を察知すると、その活動を抑止する抗体をつくり、侵入者を退治していきます。顆粒球は攻撃的リンパ球は守備的なイメージと考えると分かりやすいですね。

2つの役割を持つ、自律神経

自律神経は、呼吸心拍血圧体温など、体のほとんどの器官の活動を一定に保つ、生命維持のために働く神経です。
自律神経は二つの系統に分かれていて、ひとつは、昼間の活動時間や、運動時に活発になる「交感神経」と呼ばれるものです。もうひとつは、夕方から夜に働き、休んでいる時や食事をしている時に活発になる、「副交感神経」です。

白血球の増減は自律神経が決めている?!

交感神経と副交感神経は、バランスで成り立っています。どちらかが活発なら、もう片方はゆっくりしています。この自律神経の変化に、白血球も連動して変化をしているのです。

交感神経が活発になると、顆粒球が増え、リンパ球が減少します。副交感神経が活発になると、リンパ球が増え、顆粒球は減ります。互いの変化は密接に関係しているのです。
ストレスや疲れを溜めると、交感神経が張りつめてしまい、緊張状態となります。すると、増え過ぎた顆粒球は、侵入者に対する攻撃だけではなく、体内の組織にまで攻撃を仕掛けはじめます

こうなると、体内にいつも存在している常在菌と反応し、炎症を起こしてしまいます。
たくさんの活性酸素を出して、粘膜を破壊しようとするのです。歯槽膿漏や胃潰瘍などは、こうして引き起こされているのです。

この時、リンパ球も減ってしまっているので、免疫力も下がってしまいます。結果的に、さまざまな病気が引き起こされてしまうのです。

その逆に、だらだらとした生活をいつも続けていると、常に副交感神経が優位になってしまいます。体内の緊張のゆるみにより、代謝の減少、筋肉の衰え、冷えが引き起こされます。
リンパ球が増え過ぎ、なんでも侵入者扱いを始め、抗体を作ってしまうのです。この状態が、アレルギーです。休みすぎると体も体の中もだらけるのですね。

何事もバランスが大切です。ストレスや疲れがたまらないように、程よい休息が大切ということですね。


乳酸菌サプリメント