「人間は自然から離れれば離れるほど病に近づく」
これは、「医学の父」ヒポクラテスが言ったとされる言葉です。

土自然と共存していた時代に比べ、現代は科学が発達し、私たちの生活はとても便利で豊かになりましたね。

反面、近代医学の発展により薬に頼ることも多くなりました。その結果、本来持っていたはずの「自然治癒力」=「免疫力」を失ってしまったというもの現代人の特徴ともいえるでしょう。

大切なことは、今ある暮らしを守りながら、免疫力を上げること。それには、

  • バランスの良い食生活
  • 規則正しい生活
  • 適度な運動
  • 十分な休息・睡眠
  • ストレスレスな環境
これらに加えて、乳酸菌を摂取すると効果的でしょう。

現代人の免疫力低下と乳酸菌の免疫力への働き

現代人から切っても切り離せない生活習慣の乱れやストレス。これによって、さまざまな病気につながることが知られています。

現代人の置かれている環境

出典:味の素株式会社 現代人の置かれている環境

加齢や遺伝による免疫低下は、避けることが難しいでしょう。また、外的要因によるものは、特に体力が弱っている時にかかりやすく、日頃の体力づくりとうがいや手洗いなどの予防対策が大切です。

でも、私たち現代人に多いのは、生活習慣が原因の免疫低下。若い年代でも免疫力が下がっていると言われ、これを「現代型免疫低下」と呼びます。

現代型免疫低下

出典:味の素株式会社 現代型免疫低下

現代型免疫低下に関するアンケート調査結果

以前、味の素株式会社が10~70代の700人を対象にアンケートを行いました。

  • しっかり寝ても、なかなか疲れがとれない
  • すぐに口内炎やヘルペスができる
  • どことなくシャキッとしない
  • 風邪をひくとなかなか治らない
  • 花粉症やアトピーの症状がひどくなった
  • 重要な会議や試験当日など、いざ!という時(直前)に体調を崩した
  • 季節の変わり目など、寒暖の差が激しい時に調子を崩した
  • 久しぶりに激しい運動をした後に、風邪をひいた

このようなことが1つでも当てはまると「現代型免疫低下」の可能性があり、アンケートの結果、69.7%の人が「現代型免疫低下」だったそうです。

特に多かったのは、

しっかり寝ても、なかなか疲れがとれない・・・・・・・・36.9%
季節の変わり目など、寒暖の差が激しい時に調子を崩した・36.6%
どことなくシャキッとしない・・・・・・・・・・・・・・35.1%
また、このアンケートで、睡眠時間が6時間以下(75.9%)や受験生(85.0%)は、特に免疫力が低下していることも分かったのです。

ストレス

現代型免疫低下には、

  • 睡眠不足
  • 偏った食生活
  • 運動不足
  • 喫煙・飲酒
  • ストレスフルな生活(仕事/人)
などの生活習慣の乱れが関係しています。これらを簡単に解消できればいうことはありませんが、なかなかそうはいきませんよね。

そこでおすすめなのが乳酸菌の摂取なのです。乳酸菌には、免疫力を高める効果があるのです。

乳酸菌に免疫力を高める働きがある!

乳酸菌には、免疫細胞を活発にする働きに優れている事が実証されていて、特に、リンパ球のTh1細胞や、NK(ナチュラルキラー)細胞を活発にするんです。

  • Th1細胞:体の中に入って来たウイルスを発見して攻撃の指令を出す
  • NK細胞:ウイルスに感染した細胞やがん細胞を攻撃して無害化する
乳酸菌は、このような重要な役割を持つ免疫細胞を活発にして、免疫力を上げてくれるのです。

乳酸菌の効果を検証

サントリーホールディングス株式会社が行った、柴漬けから発見した植物性乳酸菌「プロテクト乳酸菌(SーPT84株)」を用いた研究結果をご紹介しましょう。

乳酸菌の免疫細胞活性効果

出典:サントリーホールディングス株式会社 乳酸菌の免疫細胞への働き

「プロテクト乳酸菌」が腸に届き免疫細胞を刺激すると、マクロファージや樹状細胞が反応し臨戦態勢に入ります。すると、それを感知した司令官であるTh1細胞が活性化し、また、NK細胞も活性化してその働きを高めるのです。

※マクロファージとは、体の中に入ってきた細菌やウイルスを攻撃して食べてしまう(貪食)免疫細胞。
※樹状細胞とは、体の中に入ってきた細菌やウイルスの情報をTh1細胞に伝える免疫細胞。

腸内フローラを整えると免疫力が上がる!

私たちの腸内には、たくさんの種類の腸内細菌が生息していて、その数は数百種600兆個以上。これらの細菌は、腸の壁に種類ごとにまとまって生息していて、まるで同じ種類ごとにまとまって咲くお花畑のようだということで「腸内フローラ」と言われます。

乳酸菌には、この腸内フローラを整える働きがあるんです。そして、そのことが、免疫力アップにつながるんです。

腸内フローラ

腸内細菌には、有益菌有害菌があります。

有害菌が繁殖し過ぎると、腸内が有害物質や有害ガス、発がん性物質などで満たされてしまい、腸の働きが弱まって免疫力は下がってしまいます。実は、免疫細胞の多くは腸に存在していて、腸の働きが弱くなると、免疫細胞の働きも弱くなってしまい、免疫力が下がってしまうのです。

乳酸菌は、この有害菌を排除して、有益菌を増やす働きを持っています。こうして有益菌が増え、腸内フローラが整えられると、腸の活発に働くようになって、免疫細胞も活性化するという訳なのです。

このように、免疫力を上げるのに乳酸菌はとても効果的です。

元気な女性

でも、いくら乳酸菌を摂取しても、生活習慣が乱れていると乳酸菌の効果も半減してしまいます。ですから、なるべく一番初めに挙げたような生活を目指し、その上で乳酸菌の効果を最大限に得るように心がけましょう!

それには、サプリがおすすめ。サプリなら、忙しい毎日を送る現代人にも、手軽に飲めて長く続けやすいですよ。


乳酸菌サプリメント