腸の免疫力とは?

腸の役割とは、なんでしょうか?そう聞かれると、「消化・吸収」を思い浮かべませんでしたか?消化・吸収は、もちろん腸の重要な役割のひとつです。しかし、腸の役割は他にもあります。それは、免疫です。
腸に繋がっている「口・喉・食道・胃」は、空洞でちくわのように外部とつながっていますよね。そう考えると、体の中であって、外に面しているようなものです。

食道

そこで、重要となるのが、免疫です。免疫が無いと、病原菌や異物が体内にどんどん入って来てしまいます。
腸の免疫力を高めることは、全身の免疫力を高めると言ってもいいでしょう。なぜなら、腸には全身の免疫機関の60%が集中しているのです。

腸の免疫の仕組み

腸の粘膜には、免疫機能を担うリンパ球が集まる部位があります。ここに集まったリンパ球等が、体外から入ってくる異物や病原菌を排除するのです。

腸管免疫

小腸の免疫力

リンパ球の集まる部位の中で「パイエル板」という組織が小腸にだけ存在します。このパイエル板が腸の免疫の中で、1番の力を持っています。

大腸の免疫力

大腸内には常在菌が存在します。有名な善玉菌や悪玉菌です。常在菌は大きく3つに分けられます。

  • 善玉菌

乳酸菌・ビフィズス菌等

  • 悪玉菌

ウェルシュ菌・ブドウ球菌等

  • 日和見菌

善玉菌が優勢なら善玉菌になり、悪玉菌が優勢なら悪玉菌になる。

この3つの良いバランスは、善玉菌20%、悪玉菌10%、日和見菌70%です。腸内環境が良好だと、このバランスも良いので免疫力も高く保たれます。逆に、腸内環境が悪いと悪玉菌が増え過ぎて、バランスが崩れてしまい、免疫力が低くなるのです。

ヨーグルトが腸の免疫力を高める?

ヨーグルト

ヨーグルトに含まれる乳酸菌は、腸の免疫力を高めます。乳酸菌は腸の中で乳酸を放出して、腸内を悪玉菌の苦手な弱酸性の状態を保ってくれます。つまり、悪玉菌を減らして善玉菌を増やしてくれるのです。
さらに、リンパ球を刺激して活性化させる働きをするため、免疫力が高まるのです。

どんなヨーグルトが良い?

「ヨーグルトならなんでも良い」と思っていませんか?それは間違いです。実は、生きたまま腸に届く乳酸菌は少ないのです。ヨーグルトに含まれる乳酸菌のほとんどは、胃で死滅します。
ですから、生きて腸に届く乳酸菌を選びましょう。ビフィズス菌クレモリス菌等が生きて腸に届きます。

ヨーグルトの正しい食べ方

生きて腸に届いた乳酸菌も、数日から一週間くらいで死滅します。死滅した乳酸菌も善玉菌のエサになるので、無駄ではありません。しかし、食べるのをやめると効果の維持は出来ません。効果を維持するために、毎日食べましょう。
食べ続けることに意味があるので、味も大切ですね。あなたの味覚に合う、腸に届く乳酸菌のヨーグルトを食べましょう。

ヨーグルトよりも腸に届きやすい乳酸菌!?

それは、乳酸菌サプリです。
乳酸菌サプリは、乳酸菌を腸に届けるためにカプセル等で保護しています。ですから、ほとんどが腸に届きます。

したがって、免疫力向上により効果的でしょう。
サプリを試した事がないというあなたも、これを機会に試してみるべきです。

免疫力の向上に役立つ乳酸菌サプリ


乳酸菌サプリメント