「ラブレ菌」ってどんな菌?

あなたはラブレ菌を知っていますか?ラブレ菌は、乳酸菌の一種ですが、乳酸菌の中でも高い効果が期待されており、近年特に注目されています。

牛乳

後程詳しくご説明しますが、特にお腹のトラブル解消や免疫力の向上効果が高いという事が、特徴のひとつと言って良いでしょう。

また、乳酸菌には植物由来のものと、動物由来のものがあります。ラブレ菌は京都の漬物「すぐき」の中から発見されました。動物性とは異なる、植物性乳酸菌です。近年ではラブレ菌の乳酸菌飲料や、サプリメントが販売されています。しかし、ラブレ菌入りの乳酸菌飲料には、乳成分が入っています。

その理由は、乳酸菌飲料には、法律で「乳製品」を主原料の一つとすることが定められているからです。
乳製品にアレルギーのある方は、特に気をつけるようにしましょう。

ラブレ菌の効果とは

ラブレ菌は、腸内では以下のように働きます。

  • 乳酸を放出し、腸内を悪玉菌の苦手な弱酸性の状態に保つ。
  • 悪玉菌を減らして、善玉菌を増やし、腸内環境を良くする。
  • リンパ球を刺激して、活性化させる。
  • アレルギーの原因となる、免疫細胞を抑制する。
このような働きによって、以下のような効果が得られるでしょう。
  • お腹のトラブル(便秘・お腹の張り・ガス溜まり・下痢)改善
  • 免疫力向上による、病気の予防
  • ニキビ治療等の肌荒れ改善
  • 慢性便秘患者の不安等の、気分状態改善
  • アレルギー症状の緩和
実はこれらの効果は、他の乳酸菌にもあります。しかし、ラブレ菌はその効果の度合いが高いのです。
ラブレ菌が生育する「すぐき」は、動物性乳酸菌の育つ「乳」に比べると栄養に乏しく、塩分等、成長を阻む成分も含まれています。

しかし、ラブレ菌は過酷な環境でもたくましく生き抜いていたのです。ですから、ラブレ菌は人間の体内に入っても胃液や腸液に負けず、生きて腸まで届く確率が高いのです。
また、他の菌よりも長く腸内に留まる事が出来ます。これらが、効果が高いとされる理由です。

便秘にはラブレ菌

ラブレ菌は、生きて腸内に届き、善玉菌を増やすことによって腸内環境を良くします。ラブレ菌を飲み続けると、便秘が改善されるだけではなく、便秘になりにくい腸にもなるでしょう。
また、ラブレ菌は慢性便秘患者の、不安(ストレス)等の気分状態を改善するというデータも発表されています。

便秘が慢性化する原因はさまざまですが、不安やストレスも影響します。ですから、ラブレ菌を摂取し続けると、心の側面からも便秘を改善する事に繋がるでしょう。

ラブレ菌で免疫力向上!

「免疫力」とは、体内の異常(細菌やウイルスの侵入や、がガンの発生等)を察知・排除して、通常の状態に戻すという、体を守る力の事です。

ラブレ菌は、免疫力を向上させ、病気の予防の効果があります。免疫力が向上することによって、風邪等のウイルス性の病気になりにくい体を作る事が出来るでしょう。
また、ラブレ菌はインフルエンザや大腸ガンの予防に対しても効果が期待出来ると考えられています。


乳酸菌サプリメント