「ラブレ菌」は乳酸菌の一種

あなたは、ラブレ菌を知っていましたか?ラブレ菌は乳酸菌の一種ですが、その効果の高さから、最近は乳酸菌の中でも高い注目を浴びています。そもそも乳酸菌の効果と言えば

  • 乳酸を産出することで、腸内を悪玉菌の苦手な弱酸性にして、悪玉菌を減らす。善玉菌を増やして、腸内環境を良くする。
    その結果、腸の不調(便秘・ガス溜まり・下痢・お腹の張り)が改善される。
  • アレルギーの原因となる免疫細胞を抑制する。
    その結果アレルギー花粉症・アトピー・アレルギー性鼻炎・食物アレルギー)の症状が緩やかになる。
  • 免疫細胞を刺激して、活発にする。
    そのため、免疫力が高まり病気の予防となる。

などが挙げられますが、ラブレ菌は全般的にその効果が高いと言えるでしょう。

ヨーグルト

ラブレ菌の効果はなぜ高い?

乳酸菌の効果のほとんどは、生きて腸に入らないと発揮されません。ですから、生きて腸に入る菌ほど、効果が高いと言えるのです。
ラブレ菌は、生きて腸に入る数が非常に多い特徴があります。ほとんどの菌は胃で死滅してしまいます。

ラブレ菌は、漬物から発見された植物性乳酸菌です。多くの植物性乳酸菌が、生きて腸に入る数が多い傾向にありますが、その中でもラブレ菌はトップクラスです。

ラブレ菌の、他の効果は

ラブレ菌の効果の中でも、特に目立ったものと言えば、インフルエンザ予防でしょう。様々な実験により、その効果が証明されています。
どのようにインフルエンザを予防するかというと、免疫細胞を刺激して活発にすることによって、インターフェロン−αや、抗体といった免疫物質の産生も活発になるからです。

インターフェロン−αや抗体というのは、ウイルスが入って来た時に戦うための物質です。ですから、インフルエンザになりにくくなるのです。もちろん、この効果は他の病気の予防にも有効です。免疫細胞が活発になると、ガン予防にも繋がります。

また、肌荒れ改善効果や、コレステロール低下作用も注目すべき点でしょう。腸の働きが鈍ると、腸内に老廃物が溜まり、腸壁から吸収されてしまい、血流に乗ってしまうことで肌荒れ等が引き起こされます。

ラブレ菌を摂取すると、腸や腸内細菌が活性化します。これにより、老廃物が溜まりにくくなるため、肌荒れ改善に繋がるでしょう。さらに、ラブレ菌は排泄される際にコレステロールを吸着していきます。ですから、コレステロールも低下するのです。

ラブレ菌の市販品 – 効果はある?

最近は、ラブレ菌入りの乳酸菌飲料や、サプリメントが販売されています。サプリメントの場合、生きて腸まで届く可能性のあるもの、あなたが続けやすいものを選ぶと良いでしょう。

ラブレ菌だけではなく、その他の乳酸菌も摂取したその日に劇的な効果がある訳ではありません。続けることによって、腸内環境を改善させ、効果が得られやすくなります。
2〜3日で諦めるのではなく、数週間は様子を見るつもりで、しばらくは続けてみましょう。


乳酸菌サプリメント