Depressed business woman

自律神経失調症では、どんな症状がどこにあらわれるのか人によって異なります。症状が消えても、またあらわれたり、また消えたり、症状が定まらないこともよくあります。

自律神経

自律神経とは血管、リンパ腺、内臓など、自分の意思とは無関係に働く組織に分布する神経系のことであり、呼吸代謝消化循環など、自分の意思とは無関係で生命活動の維持やその調節を行い、絶えず活動している神経である。

出展:Wikipedia「自律神経」

自律神経は、心臓や胃腸など、自分で意識していなくても働いてくれる全身のあらゆる部分を支配しています。

自律神経には交感神経と副交感神経の2つがあり、このバランスが崩れることで「自律神経失調症」が起こります。様々な要因が考えられますが、ストレス生活リズムの乱れ環境の変化などが原因で起こると考えられます。

自律神経は、全身の働きに関わっています。その症状はどこに出てもおかしくはありません。
もちろん、腸などの消化器官の働きにも深く関わっています。自律神経失調症の症状には、お腹の張りお腹の違和感、便秘なども含まれます。

自律神経とガスの関係

お腹と免疫力

自律神経失調症の中でも、「お腹の違和感」や「ガス溜まり」はよく聞く症状。

 

腸の働きは自律神経がコントロールしています。自律神経のバランスが乱れると、腸の働きにも大きく影響します。

口から飲み込んだ空気や、腸内細菌が発生するガスは、通常、げっぷやオナラで身体の外に排出されます。しかし、自律神経のバランスが乱れると腸の働きが弱まるので、ガスをオナラとして排出することができなくなります。

お腹の張りやお腹の違和感の多くは、このガスによるものなのです。

もしかすると、過敏性腸症候群かも?

過敏性腸症候群は、検査では異常がないのに、急激な腹痛や慢性的な下痢・便秘など、お腹に症状があらわれる病気です。
この病気もストレスと因果関係があり、自律神経の乱れが原因で起こります。現代社会はストレス社会とも言われていて、過敏性腸症候群に悩む方は増加しています。

この病気には、ガスがお腹に溜まりやすいタイプもあります。

ストレスとガスの関係

また、習慣やストレスで空気を飲み込み過ぎて、お腹にガスが溜まる場合もあります。これを「噛み締め・呑気(どんき)症候群」と呼びます。

どのような人が、噛み締め・呑気症候群になりやすいのでしょうか?

  • 上下の奥歯が接触していることが普通と考えている人
    口をしっかり結びなさいと言われ、いつも注意している人。
  • 習慣的に噛みしめる回数が多い人
    一生懸命何かをしているときなどに歯をあわせている人。
  • 姿勢によって上下の奥歯を接触させてしまう人
    例えばパソコンの仕事は少しうつむき加減になりますが、これは奥歯を合わせ易いのです。
  • うつ気分の人
    うつ気分の時には、うつむき加減になり考えていると上下の奥歯が接触してしまいます。
  • 不安や緊張起こしているストレス状態にある人
    ストレスに対する構えがあると緊張して上下の奥歯を合わせてしまう。

出典:ベイサイド さちクリニック

これらの人は、気付かないうちに空気を飲み込んでしまうので、お腹にガスが溜まりやすいのです。

お腹のガスはどうやって抜く?

お腹を押さえる女性

お腹のガスを抜くには、「お腹の働きを良くすること」「ストレスケアをすること」が重要です。
そこで、おすすめの対策を2つご紹介します。

1.乳酸菌サプリの摂取

お腹の働きを良くするには、乳酸菌サプリの摂取が効果的です。
乳酸菌は、乳酸を放出して腸の働きを助けます。しかし、ストレスや食事内容によっては、腸に長く留まることができません。

そこで、長く続けやすく、いつでもどこでも飲めるサプリがおすすめなのです。

2.ヨガの呼吸法

ストレスケアと、空気を吐き出すという2点から、ヨガの呼吸法もとてもおすすめです。

ヨガでは、深い腹式呼吸を意識して行います。呼吸で肺、横隔膜を動かすと、全身の血流を良くし、自律神経の活動を整えることができるのです。また、ヨガやストレッチは、寝る前にやるのがおすすめです。

出展:All about「ヨガやストレッチで自律神経の乱れを整える」

深呼吸をするだけでも、効果が見込めます。仕事や家事のちょっとした合間に、ゆっくりと深呼吸に集中する時間をとってみましょう。コツが掴めてくると、良い気分転換・ストレスケアにも繋がります。


乳酸菌サプリメント