お腹にガスが溜まると苦しいもの。どうやってもガスが抜けない時は、お薬を使うのは止むを得ませんよね。

そんな時のお助けマンが「ガスピタン」。ガスピタンは、お腹に溜まったガスを解消するためのお薬です。しかも、ガスピタンは便利なチュアブル錠。水なしでも飲めるから、苦しい時に無理してお水を飲まなくて良いので助かりますね。

※チュアブル錠とは、口の中でかみ砕くか溶かして飲む錠剤のことです。

出典:小林製薬 ガスピタン

でも、お薬ですから、副作用も心配ですよね?

ガスピタンの効果や副作用を見ながら、お腹のガスについて今一度考えてみましょう。

ガスピタンの効果は?副作用は?根本的解決法は?

知りたい女性

ガス解消以外の効果は期待できる?

ガスピタンの効能・効果は、

  • 整腸(便通を整える)
  • 腹部膨満感(お腹が張って苦しい状態)
  • 軟便
  • 便秘
消泡剤・消化酵素・乳酸菌の3つの有効成分が、これらの改善を可能にするのです。順にご説明しますね。

消泡剤の働き

消泡剤として配合されているジメチルポリシロキサンは、胃腸に発生して溜まったガスの泡を割って、排出しやすくする成分

これによって、胃腸のガス溜まりを改善します

消化酵素の働き

消化酵素として配合されているセルラーゼAP3は、食物繊維を分解する酵素

食物繊維は、私たちの腸では分解することができず、腸内細菌の善玉菌が分解してくれます。でも、ガスが溜まった腸は善玉菌が少なくなっていて、食物繊維を分解することができません。食物繊維が分解されずに腸に溜まると、悪玉菌が腐敗を進行させて、有害ガスを発生させるんです。

そこで、減ってしまった善玉菌の代わりに、消化酵素が食物繊維を分解してガスの発生を抑えるのです

乳酸菌の働き

乳酸菌として配合されているのは、フェカリス菌、アシドフィルス菌、ビフィズス菌。

乳酸菌は、腸内の善玉菌を増やし、有害ガスを発生させる悪玉菌を減らします。また、善玉菌が増えると、腸の機能が高まり、腸の排泄運動(ぜん動運動)が活発になり、お腹に溜まったガスを排出してくれるのです。

腸内環境

これら3つの成分により、「ガス解消」の効果が期待できるのです。また、ガスが解消されて、善玉菌が多くなった腸内は、腸内環境が整うので、「整腸」も期待できますね。こうして、環境が良くなった腸は、「下痢」や「便秘」からも解放されるでしょう。

副作用が心配!大丈夫?

どんなお薬でも副作用が心配ですよね。

ガスピタンの副作用は、発疹・発赤、かゆみなどの皮膚症状。また、下痢を引き起こすこともあります。
もし、皮膚症状や、下痢が続いたり、激しい下痢になったりした時は、すぐにお薬を飲むのを止めて、病院に行きましょう

ガスピタンは第3類医薬品ですから、おそらくそれほど激しい副作用は無いでしょう。でも、ガスや便秘が解消したという口コミも多い反面、腹痛を感じる方も多いようですから、いつもと違うなと感じたらお薬を止める勇気も必要ですね。

ドラッグストア

第3類医薬品ってなに?

病院でもらう処方せんがなくても、薬局やドラッグストアで買えるお薬はたくさんありますね。こういうお薬を、医療用医薬品とは区別して、一般用医薬品(OTC医薬品)と言って、次の4つに分類されているんです。

  • 要指導医薬品
  • OTC医薬品として初めて世の中に出てきたお薬は、取り扱いに十分な注意が必要です。このようなお薬は、薬剤師が書面で説明をすることが義務付けられているんです。

  • 第1類医薬品
  • 副作用や相互作用(薬や食品・飲料などとの飲み合わせ)などについて、特に注意が必要なお薬。要指導医薬品と同じで、薬剤師の書面での説明が義務付けられています。

  • 第2類医薬品
  • 副作用や相互作用などについて、注意が必要なお薬。主なかぜ薬や解熱剤、鎮痛剤など日常生活で必要性の高い製品が多くあります。

  • 第3類医薬品
  • 副作用や相互作用などで、第1類医薬品や第2類医薬品に当たるお薬以外。

詳しく知りたい人はこちら

でも安心は禁物!

考える女性

どんなお薬でも「用法・用量」をきちんと守ってこそ、効果を発揮できるもの。ですから、効果がないからと言って、必要以上に飲み過ぎるのはよくありません

ガスピタンの用法・用量は、

  • 食前または食間に、1回1錠、1日3回
食間というのは「食事と食事の間(食後2~3時間くらい)」という意味で、決して食事中ではありませんのでご注意くださいね。

また、注意事項として、

  • 15歳未満の人は服用しないこと!
  • かみ砕くか、口の中で溶かして飲むこと!
もし用法・用量をきっちり守って、2週間くらい飲んでも効き目が現れない場合は、一旦お薬を飲むのを止めて、病院で診てもらった方が良いかもしれませんよ。

ただ、どうしてもという時は仕方がないとして、できればお薬に頼らずにガスを解消したいですよね?

お薬に頼らずにガスや便秘を改善するには?

c9afe570e5ff6df7ee57a9019688f997_s何よりも、まずは原因の追求が必要でしょう。

ガスや便秘の原因は、

  • 腸の機能低下
  • 食事内容
  • 運動不足
  • 睡眠不足
  • ストレス
などさまざまですが、共通して言えるのは、腸内環境が悪いということです。というのも、ガスや便秘に悩む人の腸内は、悪玉菌が繁殖し過ぎている事が多いのです。

ですから、腸内環境を良くする必要があります。そのためには、食事内容や生活習慣を見直す必要があるかもしれませんね。

腸内環境を良好にする食事とは?

高タンパク・高脂肪の食事、例えば甘いケーキや、霜降りのステーキ、ファストフードやコンビニ弁当、宅配ピザ...。これらは、私たちの大好物でもありますが、悪玉菌の大好物でもあります。食べ過ぎると、悪玉菌の繁殖を許すことになってしまうのです。

食事

悪玉菌が繁殖すると、腸に入った食べ物の腐敗を進行させて、有毒物質・有害ガス・発がん性物質を発生します。ですから、悪玉菌を繁殖させないようにしなくてはなりません。

その代わりに、善玉菌を繁殖させれば、腸の機能が高まり、ぜん動運動が活発になります。ですから、善玉菌の大好物を、私たちも食べるようにしましょう。

善玉菌の大好物と言えば、食物繊維やオリゴ糖。これらを含む食品を多く食べると良いでしょう。善玉菌の大好物

野菜

でも、食物繊維を食べ過ぎて、善玉菌の分解が追い付かなくなると、かえってガスや便秘の原因になります。また、オリゴ糖は摂り過ぎると下痢になると言われているんです。

「何事もほどほどに」が一番ということですね。

もう一つ、善玉菌を増やす方法としては、乳酸菌の摂取も効果的です。乳酸菌は善玉菌を増やすだけではなく、腸まで生きてたどり着いて腸に定着すれば、善玉菌として働いてくれるのです。ですから、生きて腸までたどり着いて腸に定着しやすい乳酸菌を摂ると良いでしょう。


乳酸菌サプリメント