え!ストレスが腹痛の原因!?

整腸剤等の薬を飲んでも治まらない、つらい腹痛を経験したことを、あなたはありますか?
食べ物や飲み物に気をつけても治まらないと「病気じゃないか」と不安な気持ちになりますよね。もちろん、腹痛が長く続くなら、病院で診てもらいましょう。

もし病院で異常が無ければ、その腹痛の原因はストレスかもしれません。意外に思うかもしれませんが、腸は脳の不調(ストレス)を敏感に察知し、反応します。なぜなら、腸は「神経細胞」や「自律神経」と密接な関係があるからです。

お腹を押さえる女性

腸と「神経細胞」の密接な関係

私達の体の中で、最も神経細胞が多いのは、もちろん脳ですね。そして、実は2番目に神経細胞が多いのは腸なのです。そのため、腸の神経細胞は脳を関知させず、単独で臓器に指令を出し、動かすことが出来ます。
その主なものは、腸の排便活動の「ぜんどう運動」です。

食後や朝等に、お腹が「ギュルギュル」と鳴って腸の辺りが動きますよね?あれが、ぜんどう運動です。さらに注目していただきたいのが、この「ぜんどう運動」に、神経伝達物質の1つである「セロトニン」が関わっているということです。このセロトニンの分泌量が減ってしまうと「うつ病」の原因になるとされています。

「心の病に関係があるのなら、脳に多いのでは?」と思われがちですが、体内のセロトニンの約90%は腸に集中しているのです。ストレスにより、このセロトニンの量が減ると、スムーズな排便が出来なくなり、便秘や腹部膨満感等により、腹痛が引き起こされます。

脳と腸

腸と「自律神経」の密接な関係

腸は、腸自体に備わっている腸神経自律神経(交感神経・副交感神経で構成される)の2つにより動いています。強いストレスがかかると、腸神経は知覚過敏を起こし、ぜんどう運動が過敏になり、下痢の原因や腹痛の原因になるのです。

また自律神経は強いストレスにより、体を緊張させる交感神経が優位になります。そのため、腸が緊張し、便秘やガスが排出されないようになり、腹痛の原因となるのです。

 

腸のストレスが心のストレスに!?

上記のように、腸は脳の感じたストレスを敏感に察知して反応してしまいます。その逆もあるのです。腸のストレスや不調に、脳が反応してしまい、精神的な不調を引き起こすのです。
腸は、乱れた食生活や生活習慣等で、不調な状態になってしまいます。そして、引き起こされた便秘や下痢や腹痛等が、ストレスの原因になるということです。

 

心のストレスと腸のストレスを解消しよう

ストレスが腹痛の原因となる理由がお分かりいただけましたか?ストレス解消は、腹痛の解消に深く繋がっているのです。あなたも仕事等で、たくさんのストレスを抱えているでしょうか?心のストレスは、なかなか解消出来ないですよね。でも、日々の生活で腸にかかる負担は解消出来ます。
乱れた食生活を送っていませんか?野菜や魚中心のバランスの取れた食生活を心がけましょう。

腸に良い栄養成分の含まれる食品を、積極的に食べましょう。忙しくて、食事に注意出来ない方は、サプリメントもおすすめです。
腸に良い栄養成分を挙げておきますので、参考にしてみてください。

  • 乳酸菌
  • 食物繊維
  • マグネシウム
  • グルタミン
  • オリゴ糖
また、睡眠不足や運動不足も、腸の不調を招くので注意しましょう。適度な睡眠や適度な運動は、心のストレス解消にもつながります。

食事に注意できない人は乳酸菌サプリ


乳酸菌サプリメント