私達の腸内には、善玉菌や悪玉菌といった腸内細菌が共生しています。あなたが便秘になりやすいのは、もしかすると腸内の善玉菌が減って、悪玉菌が増えているのかもしれません。

善玉菌が増えると、その働きにより便秘になりにくくなるのです。
ですから、善玉菌を増やすという事は、薬を用いるよりも便秘の原因解決になると言えるでしょう。

驚く女性

善玉菌の働きで便秘解消?

善玉菌というのは通称であって、本来は有益菌有用菌と呼ばれます。その名の通り、私達にとって有益な働きをする菌のことです。代表的なものは、乳酸菌ビフィズス菌です。
善玉菌は、腸内でたくさんの働きをしますが、その中でも便秘に関係するものは4つあります。

  • 腸の排便活動を活発にする
    腸を刺激して、ぜんどう運動を活発にします。
  • 食物繊維を分解して、吸収を助ける
    食物繊維は私達の胃腸では消化出来ません。善玉菌が食物繊維を発酵させて、吸収出来るカタチを作るのです。
  • ビタミン類の産生
    ビタミンB類やビタミンK等を産生します。特にビタミンB2は、腸粘膜を保護する働きがあるので、腸の健康に繋がります。
  • 老廃物や有害物質を分解して排泄を補助する
    この働きにより、腸内に老廃物や有害物質が溜まりにくくなります。

悪玉菌が便秘を悪化させる

「善玉菌」と同じように、「悪玉菌」というのはあくまで通称で、本来は有害菌と呼ばれます。悪玉菌はアンモニア・硫化水素といった有害物質や発がん性物質を作り出します。さらに、これらを作る際に有毒なガスを発生させるのです。

これらの影響で、腸の働きが悪くなるだけではなく、腸内が腐敗してしまいます。このような事から、腸の排便活動が抑制され、便秘が悪化してしまう可能性があるのです。

善玉菌を増やす方法は?

善玉菌を増やすためには、体の健康を維持する事と同様に、食べ物・睡眠・運動が大切です。特に、バランスの良い食事は常に意識するようにしましょう。
野菜の不足や、油分の多く含まれる食品の食べ過ぎといった「偏食」は止めるようにして下さい。さらに、後述する善玉菌を増やす食品を食べると良いでしょう。

善玉菌を増やす食品とは

ヨーグルト

乳酸菌やビフィズス菌の含まれるヨーグルトや、乳酸菌飲料を摂取する習慣を付けていると、善玉菌が増えます。乳酸菌やビフィズス菌は、腸内で酸を発生させ、悪玉菌を追い出すのです。

さらに、そのまま善玉菌として腸内に繁殖することもあるでしょう。ヨーグルトや乳酸菌飲料が苦手だという方は、味噌や漬物等にも乳酸菌が含まれていますので、これらを食べると良いかもしれません。
ただし、最近の味噌や漬物は、殺菌してあるものが多いです。
乳酸菌が含まれていないものも多くあるということに注意しましょう。

こうした食べ物も、なるべく手作りされたものを選ぶと良いかもしれませんね。


乳酸菌サプリメント