便秘解消には「体質改善」が1番

「やっと長い便秘から解放された」と思ったら、またすぐに便秘になってしまった..

そんな経験を、あなたもしたことはありませんか?こうした症状を改善したいのならば、便秘にならない体質になるのが1番です。そのためには、まずご自分の便秘の原因を突き止めることから始めましょう。

お腹を押さえる女性

便秘の原因を突き止めよう!

便秘は、以下のような事が原因と考えられています。

  • 腸内環境の悪化
    偏食や不規則な食事を続けると悪玉菌が増加。
  • 食物繊維不足
    便のかさが足りなくなる。
  • ダイエット等で食事量の減少
    便を作る量が足りなくなる。
  • 水分不足
    便が固くなる。
  • 不溶性食物繊維の摂り過ぎ
    いも類や歯応えのある野菜等の不溶性食物繊維を食べ過ぎると便が固くなる。
  • ストレス
    腸が緊張し、腸の排便活動のぜんどう運動が起こりにくくなる。
  • 排便の我慢で便意が低下している
    排便の我慢を繰り返していると直腸や肛門への便意の刺激が鈍くなる。
  • 刺激性の下剤の長期的な服用
    大腸の働きが悪化する。
  • 加齢によって腸の機能の低下
    腸も歳をとる。
  • 体内リズムの乱れ
    夜更かしや睡眠不足、運動不足等で自律神経のバランスが悪くなると腸の働きが低下する。
  • 月経前症候群
    生理前にホルモンの作用の関係で腸の働きが低下する。
  • 病気
    長く便秘が続いているのであれば、病気の影響で便秘が出ている可能性があるので、一度病院にいきましょう。
あなたの便秘の原因はどこにありそうですか?

便秘の原因を、根本から改善する

原因が分かったのなら、次は具体的な改善です。焦らずに、1つずつ改善していきましょう。
ただ、原因が分からない方や、改善の仕方が分からない方もいらっしゃるのではないでしょうか?そういう方は、体質改善の基本である「腸内環境の改善」から始めましょう。

腸内環境を改善する「3つの食べ物」

腸内環境を良くするために、1番大切なことはバランスの取れた規則正しい食事です。偏食や深夜の食事、暴飲暴食は止めましょう。
そして、食事でもう1つ意識するべき事は、腸内環境を良くする食べ物をきちんと食べることです。私のおすすめする腸内環境を良くする食べ物は、以下の3つです。

キムチ】

キムチには植物性乳酸菌が多く含まれています。植物性乳酸菌は、生きて腸に届き、腸内を悪玉菌の苦手な弱酸性に保ちます。

この効果により、悪玉菌が減り善玉菌が増えるのです。その結果、便秘になりにくい強い腸が出来ます。

また、野菜に含まれる食物繊維は腸内で以下の働きをします。

  • 大腸のエネルギー源となる
  • 善玉菌を増やす効果
  • 排便を促す効果
  • 有害物質除去

食物繊維の働きも、腸内環境の改善にとても役立つのです。

【ナッツ】

アーモンドやクルミ等のナッツ類はオレイン酸を多く含みます。オレイン酸は腸を刺激して排便を促します

【マグロ】

マグロに多く含まれるグルタミンは、大腸や小腸の粘膜のエネルギー源となり強い腸を作ります。

以上の、おすすめの3つの食べ物をしっかり食べてみて下さい。これらだけではなく、食生活のバランスにはくれぐれも気をつけましょうね。


乳酸菌サプリメント